記事詳細ページ

ひんとカード

経営にも現場にも効く・・・アイディア会議の決定版。
〈用途〉
学習 発想 企画 会議 育成 娯楽
〈対象〉
経営者 管理職 従業員 経営学習者 経営指導者
〈人数〉
2〜4人
〈時間〉
40分程度
〈準備〉
(1)CMGひんとカード(ひんとカードシリーズから議案に応じたセットを選択)
(2)ペン(人数分) (3)タイマー

(1)テーマを書く

プレイヤーはディーラーの指示に従い、赤いふりーカードにテーマを書き、
予めプレイヤーに配られたボードの赤いマスに配置する。
記入例 「(株)〇〇事業計画」「〇〇経営改善プロジェクト」等。

(2)カードの山をつくる

ディーラーは8色(黄色青色緑色空色桃色紫色金色銀色)の
カードの山を自身の前につくる。
左から「理念構想商品市場売方仕事共有学習」の順番で並べる。

(3)カードを配布する

ディーラーは8色カードを1枚ずつ裏面で配布し、赤い拍手カードも配布する。
プレイヤーはボードの同色マスに裏面のまま配置し、拍手カードをボード脇に山積みにする。

(4)カードを開く

ディーラーが指名したプレイヤーから順番に、
自身のボードに並んだ8枚のカードを1枚ずつ開きながら
マス名とカード内容を読み上げる。
空白のふりーカードが出た場合、直ちにアイディアを自由に書き込む。

(5)プレイヤーチャンス

プレイヤーが順番に、カードの山から交換したい色のカードを1枚選び、
カードの内容を読み上げながらボードの同色のマスに配置する。
既存カードと新しいカードの何れかを捨てる。
初級篇は2回、中級篇は4回カードを交換できる。
※上級篇はプレイヤーチャンスは行いません。

(6)プレゼンタイム

プレイヤーが順番に、ボード内容をプレゼンテーションする。
それぞれのプレゼンが終了する度、
他のプレイヤーが手持ちの拍手カードから1枚選びコメントを添えて渡す。
全員終わったら終了とする。

2014.01.01:[(旧) プログラム]